花火大会

こんにちは スタッフTです。


先月、台風の影響で1週間延期になってしまった八戸花火大会に行ってきました
日中から霧雨~小雨が降り続いていたので、本当に開催されるのかな~と思いながらも傘を差しながら会場へ。雨のせいで会場は人が少なく余計不安になってしまいましたが、徐々に人が増えてアナウンスも流れていたので一安心

開演時間あたりには雨もほとんどやんでいました

今年も個人で申し込めるメッセージ花火があり、感謝の気持ちを伝えるものや、プロポーズの花火も打ちあがりました
ステキですね

20160912(1).jpg20160912(4).jpg

20160912(3).jpg20160912(2).jpg

やっぱり、近くで見る花火の大きさと音迫力が違います!


あとは・・・大好きな屋台
お祭りがあるたびに楽しみにしています
今回は、嶽きみ天ぷら、焼きそば、焼き小龍包、肉まん、からあげ、きゅうり、バナナチョコ
もちろん一人で全てを食べたわけではないですが、お腹いっぱいになり満足しました



花火大会が終わると夏が終わった感じと一気に寂しくなりますね

スポンサーサイト

山形のだし

こんにちは Dr.Yです。

夏も終わり、めっきり秋めいてきました。
今年の夏は、何といってもリオデジャネイロオリンピック
レスリング金メダルを獲得した伊調馨選手は凄かったですね。
本当に偉い

20160905写真1
八戸駅にも横断幕が。本当に感動しました



この夏大好きになったのは、山形のだしです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、カツオや昆布のだしのコトではありません。
山形県村山地方の郷土料理で、きゅうりやなすなどの夏野菜と大葉などの香味野菜を細かく刻み、だし醤油などで和えたものです。
さっぱりしていて、ごはんや麺類にかけたり、冷ややっこにも抜群に合います。
作り方も簡単なのではまっちゃいました

20160905写真2
写真は、宮城県名取市にある「そば亭山彼方」“だしそば”
きゅうり、なす、おくら、大葉、みょうが、しょうが、納豆昆布入りで
ねぎ、かつお節、刻みのりがトッピングされています。
ボリューム満点ですが、さっぱりしていておいしかったです。
雰囲気も良いので、ぜひ行ってみてください


港の食堂♪

スタッフHです


13日、食材の買い出しに朝市に出掛けました。
空には雲もなく快晴
20160829.jpg

買い物の後、少し遅めの朝食はここで
20160829(1).jpg
地元の方なら知ってる方も多いのでは?
おそばやうどんのメニューがメインの食堂。

この日はお盆ということもあって県外からの家族連れの方々が
多くみられました。

券売機で食券を買い、カウンター前に並んで所定の場所に食券を
出すとわりとすぐ頼んだものが出てきます。
おにぎりやトッピング用の天婦羅などもあり、並んでいる間に現金で
ちゃちゃっと購入できちゃいます。

お店の中にお店があるような何ともいえないこの雰囲気
20160829(2).jpg
BGMは演歌です

やきとりやおでん、かき氷は専用コーナーでお買いもの。
20160829(3).png


中の自販機で缶コーヒー買ったら
おにぎり券がついてましたラッキー
20160829(4).png
早速、カウンター内にいるおばちゃまの元へ
「あんらぁ~当だったのぉ~~いがったねぇぇ」と、
交換したおにぎりは、持ち帰れるようにラップで丁寧につつんでくれました。

おばちゃまのちょっとした気遣いと、優しい口調と方言に癒されて帰ってきました。


また行くね


三陸沿岸にて

こんにちは、Oです。


夏といえば、海
今年も海に行って参りました
普段内陸に住んでいる私は、海を見るとどうしてもヤッホーと叫びたい衝動にかられます。(それは、山だ!)
20160822(1).jpg


山田町にて。
あのSMAPが復興支援で立ち寄ったホテルビジネスイン山田。(思いがけず、親父ギャグ)
20160822(2).jpg

そして、釜石にて。
今年1 月にオープンしたばかりの釜石PIT。
ライブや映画上演が行われます。
つい先日、布袋寅泰のライブがあったばかり。壁の模様が全部ハートなんです。
20160822(3).jpg
20160822(4).jpg


そこに併設されているミッフィーカフェ
オランダ王国大使館などの復興支援でスタートしたそうです。
1番人気メニュー
20160822(5).jpg

リオ五輪開催中とあいまって、よーく目を凝らしたら、ワールドワイドな気分になりました。




こんにちは Dr.Yです。

ぜひおすすめしたいレストランをご紹介
先日、青森市東大野にある自宅れすとらん「こんみど」へ ディナータイムにお邪魔しました。

新青森駅から渋滞の中をタクシーで移動したので結構時間がかかります。
.まだかな~と不安になってきた頃、住宅街の中、発見通り過ぎてしまいそうな玄関口です。
ドアをくぐると、吹き抜けの天井が開放的でおしゃれで落ち着きのある空間
お庭も素敵です

「こんみど」って変わった名前ですよね。
津軽の方は「意味わかりますよ」とのこと。
お箸の袋に説明文が載ってました。
今ではほとんど使う人はいませんが、遠い昔の津軽弁に「こんみど」という言葉があります。その意味は、じんわりと、深く、しみじみと…など。味わいや趣きのあるニュアンスを持ったこの言葉をお店の名前にしました。
勉強になります。それに、とっても良い雰囲気の言葉です。

20160808写真1
(土偶風のかわいい箸置き)

季節の地元食材を生かした洗練されたお料理が次から次と出てきます。

20160808写真2
(殻付きウニ)

20160808写真3
(ミズとホヤ)
お出汁がきいていて、体にしみます。

まさに「こんみど」!
日帰りだったので慌てて帰りましたが、次回はゆっくりしたいです。




 | ホーム |  次のページ»»